<< 祇園祭りでは町屋に多くの美術品が展示されます。 | main | クリニックのステンドグラスのランプ >>

神経内科について

私にとっては20年近く、説明をさせていただいていることですが、
いまだもって、”神経内科”については正しく理解いただいていないことが多いので
ここで説明させていただきます。
1.神経内科とは?
   脳、せき髄、末梢神経、筋肉などの神経系統の異常によっておこる
   病気を扱う科です。脳神経外科に対応する、脳神経内科と
   考えていただいた方がわかりやすいかもしれません。
   (神経内科では手術は基本的にしません。)
2.どんな病気を扱うの?:
   パーキンソン病、筋委縮性側索硬化症、多発性硬化症、重症筋無力症、
   脊髄小脳変性症などの神経筋難病
   脳梗塞、脳出血などの脳卒中
   てんかん、失神、手足のしびれ、めまい、片頭痛などの頭痛、
   アルツハイマー病などの認知症(物忘れ)
3.神経科、精神科、心療内科、メンタルクリニックとはどうちがうの?
   これらの科は基本的に心の問題を扱う科です。神経内科は神経系統の
   問題を扱う科です。心の問題は基本的に扱いません。

スポンサーサイト

  • 2018.11.05 Monday
  • -
  • 20:04
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM